So-net無料ブログ作成
山形の温泉 ブログトップ
前の10件 | -

山形蔵王温泉ざんまい。 [山形の温泉]

連休なのにどこにも出かけないと勿体無いので久しぶりの温泉ざんまいです。
向かった先はお隣の県です。
まずA君とジンギスカンを、温泉街にあるきくちさんです。生ラムで臭みも全然なくボリューム満点です。
image.jpg
ビールも頂きお腹も満足したところで1湯目のかわらやさんへ
ココは女性も嬉しいカラン&シャンプー、ボディソープあーんど無料ドライヤーつきです。
image.jpg
夕方になり近くの居酒屋桃園さんで軽く夕飯を頂きまして、2湯目の河原湯共同浴場へ
image.jpg
翌朝撮りました?(^ω^)
又々就寝前に3湯目の上の湯共同浴場へ
image.jpg
此方も朝方のショットです。
アクティで小ぢんまりと宴会し就寝しようとしますがシュラフを積み忘れたことに気づいて愕然?(≧∇≦)
仕方ないので手持ちのブランケットを掛けて一夜を過ごしました。
翌朝は7時過ぎに4湯目の下の湯共同浴場へ
image.jpgimage.jpgimage.jpg
凄いつららですね
雪景色の中での硫黄臭たっぷりのあつ?い極上の温泉ざんまいは至福のひとときでした。
山形温泉パラダイス バンザーイ

あつみ温泉 正面湯公衆浴場!! [山形の温泉]

日本海キャラバンの途中、あつみ温泉へ向かいます。ココには以前真鯛釣りの帰り一度寄った下の湯共同湯が有ります。今回は正面湯です。 

CA3J0387-s.JPG

 

 

真正面から正々堂々と入ります^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 協力金200円をちゃり~ん!

湯船はこぢんまりしていますが清潔です。

CA3J0388-s.JPG

 

カランも4カ所あり、うち2カ所はシャワー付きです。

癖のない湯でさっぱりしたいい湯でした。

地元のかたも皆さん明るくご挨拶してくれます。

 

あつみ温泉には3カ所の公衆浴場があるようなので次回はもう1カ所入りたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

蔵王四季のホテル! [山形の温泉]

21日(日)今回は夜じゃなく朝早く出発します、先日yaccさんのイベントで寒河江道の駅チェリーランドで使える商品券が当たったので行くことにします。到着するとなにやら働く車などのイベントがあり大盛り上がりです。(sen59さんと偶然会いました^^)

タイミング良く山形牛の試食や新そば・芋煮などを食べブランチを取ることにします。頂いた商品券は人気のシベールのラスク・株大根の漬け物などを買い消費しました(yaccさんアザース!)

                      シベールのラスク

IMG_1546-s.JPG

お腹も満たされたので寒河江をあとにして小一時間ゆっくりと今回の目的地、蔵王温泉へ向かいます。

紅葉時期真っ盛りのトップシーズンですがアニバーサリーなので今夜は珍しく温泉ホテルに宿泊です。

。。。とその前にロープウェィーを乗り継いで標高1700M程の山頂まで登ります。(ホテルの割引券で往復通常2900円→2200円ソフトドリンク付き)

IMG_1555-s.JPG
ロープウェィーからの紅葉風景
今年は例年より色つきがイマイチのようです!
山頂付近は終わっていたがそれでも充分綺麗です。
IMG_1569-s.JPG
 
蔵王山頂へ到着です、下界とは違いメッチャ風が強く寒かった~
IMG_1587-s.JPG
お地蔵さんもブルっていました><
ちゃっぷい! 
   
IMG_1584-s.JPG
ホテルにチェックインして早速、硫黄たっぷりの極上の温泉へ浸かることにします。
蔵王四季のホテルです。http://www.zao-shikinohotel.jp/
IMG_1597-s.JPG
館内のお風呂は循環していますがとりあえずひとっ風呂
ハイポーズ^^
CA3J0068.jpg
次は宿から百八歩の離れ湯へ
敷地から百八歩か?!
IMG_1616-s.JPG
外観もなかなか良い雰囲気です。
IMG_1621-s.JPG
木の香りが漂う内湯
IMG_1617-s.JPG
岩造りの露天風呂
IMG_1619-s.JPG
夜には冷えた身体に極上の温泉は骨身にしみます^^ふ~
スタッフの方の気配りも良く夕食も蔵王牛等々の豪華なご馳走が並び若干緊張気味、自炊キャラバンになれているまじすかには
場違いな雰囲気もありました。
姉妹宿の蔵王国際ホテルにも湯巡りが出来て満足です。
久しぶりの宿泊も大満足です。
翌朝も天気も快晴です。
IMG_1626-s.JPG
IMG_1624-s.JPG
これからは時々、宿泊も良いなぁって感じです。
2012/10/21訪問

百目鬼温泉! [山形の温泉]

2006年末の開湯後訪問以来、2度目の訪問です。山形市街地からも至近距離で田園地帯の中にあるので冬場でもアクセスが良いです。

CA3J0384.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この日も駐車場が満車になるほど賑わっていました。

CA3J0386.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お湯はナトリウム・塩化物泉で薄緑色の濁り湯で「ジュワ~~~っ」と身体の芯まで温めてくれます。露天風呂の案内には成分が濃いとかの理由で、入浴は3分迄と記されています!まさに「ウルトラマンの湯!?」か~^^

CA3J0385.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

300円(ボディソープシャンプー付き)

2012/02/26再訪


新年の温泉ざんまい! [山形の温泉]

元日は盛岡のクマさんや三重から七夕さんがこちらに遊びに来ているというのでちょっとだけでしたが新年のご挨拶しました!

CA3J0261.jpg

七夕さんたちを被災地の七ヶ浜町をぐるっと一回りしながらご案内しました。

 

 

 

 

七夕号グランツ&まじすか号ロデオ !

 

 

 

翌日、2日は今年初のお出かけです^^;何処に行こうか悩んだ末、鳴子温泉を過ぎ中山平温泉を交わし、瀬美温泉を横目に赤倉温泉をスルー、やっと辿り着いたのは山形は新庄市の西部の山あいにある泉質が良いと噂の、良い感じに鄙びた羽根沢温泉です。

 

CA3J0262.jpg

CA3J0263.jpg

 

 

 

 

 

  羽根沢温泉の共同浴場とも思ったのですが今回も温博利用ですぐそばにある松葉荘別館へ(近くに本館もあるようですが現在は別館だけ営業中のようです)

 

 

CA3J0264.jpg

玄関で声を掛けると館内の奥から新田えり似の感じの良い女将さんが迎えてくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

CA3J0266.jpg

早速もらい湯をします。

 

 

 

 

 

 

 

 

CA3J0268.jpg

アルカリ性の泉質で何とも良い感じのぬるっと感が素晴らしいです。流石は”美神の湯”とうたっているのも納得です。

湯船の縁にはあひる隊長も歓迎してくれています^^

あがったあとも火照りが引かず冷え性にも効果がありそうです。

 

 

 

 

CA3J0270.jpg

 旅館を出ると女将さんとご主人が一生懸命雪下ろしをしていました。ご苦労様ですm(_ _)m

 

 

 

 

 

300円→温博

2012/01/02訪問

 

 

 

羽根沢温泉を後にして P泊は道の駅尾花沢です。

CA3J0273.jpgCA3J0274.jpg

 

 

 

 

 

 

   夜中に雪が降ったようで朝方起きると10cm程の積雪が。。。。。。

 

 

ゆっくり起きて碁点温泉へ

CA3J0275.jpg

 

クアハウス碁点でちょっと遅めの朝風呂へ

こちらもナトリウム泉の黒湯でなかなかグットでした。

 

 

  250円

 

 

 

 

 

 

 

 


かわらや!蔵王温泉 [山形の温泉]

バッテリー上がりもなんとかクリアして山形に向かうことにします、本来は日本海で夕陽をと思っていたのですが天気予報によると期待できそうもないので山形蔵王ICで途中下車します。

CA3J0089.JPG

途中、オオバックスさんにポイント確認して辿り着きました。

蔵王山村広場

 

 

 

 

CA3J0090-s.JPG

なかなかグッドロケーションです、丁度管理人のAさんがいたのでいろいろお話を聞きました。

最近のキャンパーはなかなかマナーが良く、以前よりもゴミなども散らかさないので清掃がだいぶ楽になったといっていました。

 

 

 

CA3J0096-s.JPG

奥にある山形市営古竜湖キャンプ場(無料)はもうシーズンオフのようですがココも静かでアメリカンな感じでいいですねぇ!

 

 

 

 

 暫くしばらくグダグダ・マッタリしたのでここから10分ほどの蔵王温泉に行くことにします。

 

CA3J0097-s.JPG日帰り施設”かわらや”です。

川原湯共同浴場のすぐ隣にあります。以前火事になりリニューアルです。

 

 

 

 

CA3J0098-s.JPGCA3J0100-s.JPG

 

 

 

 

 

 

 

カランもシャンプー&ボディソープもありなかなか清潔です。

 

 

CA3J0099-s.JPGCA3J0103-s.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CA3J0101-s.JPG 蔵王温泉の硫黄泉は言うことありませんね!

 身体の芯まで温まったので再び山村広場に戻ります。

 

 

 

 

 

続きを読む


八百坊温泉!(はっぴゃくぼう) [山形の温泉]

芋煮会のあと銀山温泉に向かうつもりが針路変更で山形市内の八百坊温泉へ行くことにします。。。。

 

CA3J0047.jpgナビの案内は微妙にずれていたが何とかぐるっと回り込んで到着です。

 

 

 

 

 

CA3J0048.jpg

敷地内には薬局や健康道場みたいな看板があります。

 

 

 

 

 

CA3J0049.jpg

露天風呂も無く開放感にはちょっと乏しいですが意外にも常連のお客さんは結構いるようです。

身体を洗い早速湯船にはいってみるとコレがまた良い感じです。 なにやらカランのシャワーや水風呂全てが源泉掛け流しのようです。

 

 

CA3J0051.jpg

 

 

 

 

 

 

2011/09/04 訪問

500円

 


新高湯! [山形の温泉]

姥湯を後にして新高湯温泉は吾妻屋旅館に行きます。

 

CA3J0020-s.jpg2005年10月頃訪問以来ですがアクセスは砂利道で急坂の連続でこちらも姥湯同様スリリングさを味わうことが出来ます。

 

 

 

 

CA3J0015-s.jpg

 

 

 本館入り口脇に最近にごりの湯が出来たというので楽しみにしてきました。

 

 

 CA3J0019-s.jpgCA3J0016-s.jpg

感じの良いご主人が受付で温博でお願いしますというと、丁寧ににごり湯の貸し切り露天風呂もokですと。。。。

大きな木をくり抜いた湯船はちょっと熱めでしたがなかなか良い感じです。

 

 

 

 

CA3J0022-s.jpgCA3J0024-s.jpg 

 

 

 

 

 

CA3J0023-s.jpgCA3J0026-s.jpg

 

 

 

 

 

 

500円→温博

2011/08/28訪問


姥湯温泉! [山形の温泉]

先週は鳴子の姥の湯でしたが今回は2005年6月以来の訪問です^^。実は姥の湯に浸かっていたとき久しぶりに姥湯に行きたいと思ったのであります。

 

 

CA3J0004-s.jpg

菅生SAでP泊して東北道を福島飯坂ICで降りて下道を米沢方面へ

 

 

 

 

 

 

CA3J0005-s.jpg

滑川温泉入り口のヘアピンカーブを切り返し最後の切り返し地点でロデオをスイッチバックさせながら4WDローレンジで姥湯温泉に辿り着きますが、以前は砂利道でしたがもう全面舗装になっていてだいぶ走りやすくなっていました。

 

 

 

 

 

 

CA3J0013-s.jpg

流石は日本の秘湯ランキング上位だけあって県外ナンバーがほとんどです。

早速受付で500円を払い露天風呂に行きます。

 

 

 

 

CA3J0008-s.jpgCA3J0010-s.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

CA3J0011-s.jpg

ワイルドさ・開放感・泉質などどれをとっても秘湯ムード満点で人気があるのも納得です。

 

 

 

 

2011/08/29訪問

日帰り入浴は露天風呂のみ500円


蔵王温泉ざんまい! [山形の温泉]

日曜のお昼近くに山形は蔵王温泉に出かけます。温泉街のほぼ中程に佇むホテル喜らくです。

IMGP3165-s.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なかなか雰囲気の良い露天風呂でほぼ貸切状態でゆっくり入ることが出来ました。蔵王温泉は極上の泉質でまさにコレが温泉だ~って感じです^^

IMGP3171-s.JPG
温博利用
次にほてった身体をクールダウンするため温泉街の肉屋さんでジンギスカンを仕入れて西蔵王公園へ・・・

続きを読む


nice!(1)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | - 山形の温泉 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。